どの部分を見れば悪質だとわかるのか

>

料金が安くても油断しない

リフォームの工程を聞こう

料金が安いことを優先して、業者にリフォームを依頼する人がいると思います。
しかし安すぎる業者は、適当な工事をする危険性があることを覚えておきましょう。
本当に安心できる業者なのか確認する際は、工事の工程を聞いてください。
悪質な業者は、細かい工事の工程を教えてくれません。
手抜き工事をしていることを知られないように、隠したりはぐらかしたりする傾向が見られます。

きちんと工事の工程を教えてくれた業者なら、正しい工事をしてくれるのでトラブルを回避できます。
信頼性を確認するなら、何でも質問してください。
スタッフとコミュニケーションを取れば、信頼関係を築けます。
工事をする時に信頼関係は欠かせないので、気になることを聞きましょう。

追加料金が発生するパターン

基本料金だけを見て、安いと判断しないでください。
悪質な業者は基本料金だけ安く設定して、後から高額な追加料金を請求します。
相場よりも安い基本料金を提示されたら、追加料金が発生しないのか確認してください。
追加料金がかかるなら、どのくらいの金額か尋ねることも大切です。
追加料金を合計しても、相場より安く済むなら依頼してもいいでしょう。

追加料金のことを、何も説明しない業者は悪質です。
利用者から評判を聞くことで、追加料金の有無がわかります。
何の説明もなしに、いきなり追加料金を請求されたという感想を見つけたら、悪質なので依頼しないでください。
必ず最終的な合計金額を見て、信頼できる業者なのか見極めてください。


この記事をシェアする